スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CWCheat v0.2.1 新機能を使ってみましたヽ(^◇^*)/ 

aspiodf.png


おなじみのチートツールにCWCheatにv0.2.1から新機能が追加されていたので解説したいと思います。

[変更点]
・CPU 負荷率を画面右上に表示できるようにした。(SETTINGSでオン・オフ可能)
・Dynamic Clocker(具合に合わせてCPU速度を調整してくれるもの)を追加
・cwcheatpops に メモリエディタ・逆アセンブラを追加。

今回はDynamic Clockerを使ってみました。

Dynamic Clockerの効果は例えば、CFWの設定で333Mhzだが
簡素なゲームなので100Mhz程度の力で十分に動く時。
CPU速度を自動調整してくれるのです。バッテリーの持続時間・熱による劣化防止が期待できます。

XMB・GAME共に動作確認。
一番上の画像でも、CPUが190Mhzに自動調整されています。

この記事を参考にして、CWCHEATv0.2.1を導入してください。

ダウンロードはこちら

とりあえず、導入が済んだとします。
Dynamic Clockerの機能をXMBでも使いたい場合は、VSH.txtにも
ms0:/seplugins/cwcheat.prxを記述してください。

XMBorGAMEでSELECTを3秒ほど押して、メニューを開いてください。

CPU frequenceを -1に変えてください。

これで、CPU速度が自動調整されるようになりました。

XMBでも有効なのは便利ですねヽ(^◇^*)/
1日程度使ってみましたが、たしかに通常の常時333Mhzと比べるとバッテリーが長持ちします。
いいことですヽ(^◇^*)/
スポンサーサイト
[ 2008/02/02 20:10 ] PSP関係 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinanoheya.blog102.fc2.com/tb.php/387-e7dc6e46








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。