スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CFW 1.50 XE-2 for TimeMachine リリースヽ(^◇^*)/ 

swdefrgthyj.png


TimeMachine用のCFW 1.50 XE-2がxpierrex氏によりリリースされましたヽ(^◇^*)/
これにより、TimeMachineの1.50+3.40の機能が追加されます。

1.50+3.40で今まで変えられなかったコンフィグの設定(CPU速度)なども変更できるようになりました。

[主な更新点]
・gameboot.pmfを異常表示させないようにした
・CPU設定に22Mhzと333Mhzを追加
・ゲーム中のCPUも変更可能
・スクリーンショット機能を追加
・プラグインを10個まで使えるようにした
・ms0:/PSP/SYSTEM/にsetting.txtを作成するようにした
・エラーレポート機能の追加
・その他バグfix

[準備物]
・CFWとTimeMachine1.50+3.40を導入済みのPSP
1.50XE-2 for Time Machine
・TimeMachineを起動するためのパンドラ化ずみのバッテリー

詳しい導入方法は続きを読んでくださいヽ(^◇^*)/




① 一度PSPの電源を完全に切ってから、TimeMachine1.50+3.40を各自起動してください。

② 1.50XE-2 for Time MachineをDL・解凍して下さい。

w@peorithy.png

PSP/
 └GAME/
  ├150XE-2/
  └150XE-2%/

③ ②のような階層になっているので、MS0://PSP/GAMEに150XE-2150XE-2%を入れてください。

④ XMBから起動してください

@qaldefkprgt.png


⑤ 通常のCFWとは違いflashは書き換えないので、迷わず×で導入してください。

⑥ 導入終了後、自動でXMBに戻ります。バージョンが1.50XE-2なのを確認してください。
swdefrgthyj.png


[設定]

① プラグインを設定する。
MS0://pluginsの中にある、xmb.txtとgame.txtを編集してください。

② CPU速度を変えたりする。
ms0:/PSP/SYSTEM/の中にある、settings.txtを編集します。

・ CPU(vsh) XMBでのCPU速度を変更します
・ CPU(game) GAMEでのCPU速度を変更します
・ Use plugins プラグインの一括有効or無効の設定をします。「1」だと一括有効、「0」だと無効です。
・ Screenshot 1.50XE-2搭載のスクリーンショットの設定です。
「VSH」「GAME」「VSH + GAME」のどれかを設定すれば作動します。
XE-2のデフォルト設定で「VSH+GAMEE」となってしまっているので、Eを一つとりましょう。

これで導入は終了です。おつかれさまでしたヽ(^◇^*)/
スポンサーサイト
[ 2008/03/18 11:58 ] PSP関係 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinanoheya.blog102.fc2.com/tb.php/478-ce3c34b4








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。