スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Despertar del Cementerio v6 リリースヽ(^◇^*)/ 

snap005.png
書いたはずの記事が更新されていないとは、どういうことだヽ(^◇^*)/
今回のリリースにより、TA-088v2基盤に対応したようです。v3はもう少し待ちなさいヽ(^◇^*)/

[更新点]
* 4.01M33-2がインストール可能。
* コアが4.01M33に。
* インストール時、起動時etcの画面がGUI風味に。
* Test M33の追加。MSから4.01M33がブートできるらしい。

[準備物]
* CFW導入済みのPSP
* CFWを導入したいPSP(TA-088v3除く)
* 256MB以上のMS
* Despertar del Cementerio v6本体
* 公式FW4.01(EBOOT.PBP)

通常のMS、MMSどちらでもインストールできますが。
通常MSはエラーを吐く可能性があるため、mspformatを推奨しておきます。
また、初期のCFWでは動かない可能性があるらしいです。

詳しい導入方法は続きを読んでくださいヽ(^◇^*)/



[導入編]

① Despertar del Cementerio v6本体をDL・解凍してください。
そして出てきた「DC6」フォルダMS0://PSP/GAMEに入れてください。
無題

② 公式FW4.01(EBOOT.PBP)を「401.PBP」とリネームして、
MSのルートディレクトリに入れてください。

③ PTF・CTFをOFFに。カーネルは3.XX・4.XXにしておいてください。

④ XMBから起動してください。

以下、設定方法です。

Press ○ to begin the installation と始めに出ますので、○を押してください。

MS にすでに TimeMachine や UU v5 を導入済みの場合は、ホットキーの設定を求められます。
使いたいキーを長押しして、設定してください。

[使用方法]

① パンドラバッテリーとUUv6導入済みのMSを挿入してください。
すると、前回よりかなり、わかりやすくなった画面が現れます。
上下キーと○で行動を選択します。

# Install 4.01 M33
# Install OFW 4.01
# NAND Operations
# Hardware Info
# Test M33
# Shutdown
# Reboot Device

これで説明は終わりです。
誤記などもあると思われますので、発見された場合は、コメントしてください。
おつかれさまでしたヽ(^◇^*)/
スポンサーサイト
[ 2008/08/07 15:41 ] PSP関係 | TB(0) | CM(4)

気持ちいいよwww


ほんっとに気持ちよくてwww
最近ハマってしまいましたww

友達にはやめろって言われるんですけどねww
どうかな…
http://d-hos.net/s82/gla8g/
[ 2008/08/07 15:45 ] [ 編集 ]

PTF・CTFをOFFってどうやってやるんですか?
[ 2008/08/08 00:09 ] [ 編集 ]

上の人

カスタムテーマ使ってるなら
やめてくださいってことですよ
[ 2008/08/08 10:31 ] [ 編集 ]

教えていただきありがとうございますー。
[ 2008/08/08 19:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinanoheya.blog102.fc2.com/tb.php/590-ea458220








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。